DMATによる大規模地震時医療活動訓練の一環として非常時における通信確保の実証実験に参加

国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(以下、NAIST)と連携し、南海トラフ地震を想定した大規模地震時医療活動に関する総合的な実動訓練※1にて、災害派遣医療チーム(以下、DMAT ※2)の通信環境確保をするための実証実験に参加しました。

実証実験では、NAIST 所有自立式車載型衛星通信システム(以下、曼陀羅号)※3 にて提供する衛星回線サービスの利用範囲を広げるため、曼陀羅号停車場所と災害派遣医療拠点を複数の無線伝送装置で接続し、災害派遣医療拠点に安定したインターネット接続や電話が利用できる環境を提供しており、FPi は曼陀羅号と災害派遣医療拠点の冗長構成ネットワーク構築に貢献しております。

本ニュースのPDF版はこちらをダウンロードしてご利用ください。