沖縄科学技術大学院大学に設置の遠隔地データバックアップシステム リニューアルに伴う構築作業に参加

国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学と学校法人沖縄科学技術大学院大学間の遠隔地データバックアップシステムリニューアルのため、OIST にて SPARC/Solaris サーバの特長の一つである仮想化技術のゾーン機能によりマルチテナント化(*1)されるシステムの構築作業に参加しました。

本ニュースのPDF版はこちらをダウンロードしてご利用ください。

  • *1仮想化技術により複数のサービスを単一システム上で同居させコスト及びリソースを効率化すること。