FPi Account Relay (FPiAR)

FPi Account Relay (FPiAR)は、複数のデータソースから収集されるユーザアカウント情報を、事前定義されたルールに従って統一されたフォーマットに変換するツールです。

従来の手作業によるデータの修正、加工、変換業務を自動化することでユーザアカウント管理運用業務の効率化、省力化を実現します。お客様のご要望に応じて柔軟にカスタマイズしてご提供致します。

特徴

  • ブラウザから操作できるインタフェース
  • 指定したルールに従ってメールアドレス等のデータを自動生成し、CSV, LDAP, AD, KDC, Database 等の出力データに変換
  • 操作履歴をログに保存
  • 動作環境として Solaris 11 をサポート

基本機能

管理者向け機能

ユーザ認証
  • ログインユーザを認証サーバに問い合わせ
  • 認証サーバは、LDAP, Kerberos をサポート
ユーザ
制限
管理者を特定のユーザに制限
テンプレート
登録
  • 予め取込内容を定義したテンプレートを用意することで柔軟にユーザ情報(CSVファイル等)を登録
  • データ出力に対しても出力支援・出力規則機能を利用したデータ出力可能
アカウント
申請の
確認、
修正、
承認
  • アカウントの申請データを確認し、必要に応じて修正を行い、承認してアカウントの作成・変更・削除用のデータに変換
  • 申請されたアカウントのデータ、データベースに登録されたデータを CSV で出力
アカウント
登録
システム設定することで、簡単にアカウント情報の追加・削除が可能
入力支援

アカウントデータの項目を自動生成するルールを設定し適用

  • アカウント名
  • メールアドレス
  • UNIX UID/GID
  • ホームディレクトリパス、等
入力規則の
登録

アカウントデータの申請項目の入力規則を設定

  • 数値の範囲
  • 現在および過去のアカウントとの重複
  • 文字数
  • 文字種 等
パスワード
リセット
ユーザのパスワードを管理者でリセット
アカウント
データベース
  • 現在のアカウントおよび過去に発行したアカウントをデータベースに保存、それらのデータベースのバックアップ
  • アカウントデータベースを表示、検索
アカウント
連携機能
アカウントデータベースに基づき、他の認証サーバ、データベース等に一括登録・変更・削除・有効化・無効化を行う CLI 機能も提供
ログ機能Web および CLI のログイン履歴、操作履歴(ユーザ、実行日時、操作内容、処理対象)をログに保存、それらの履歴情報の検索

アカウント申請者向け機能

ユーザ
制限
申請機能を利用できるユーザをグループ等のユーザ種別で制限
アカウント
申請
Web フォームに入力することで1アカウント単位でユーザアカウントの作成、変更、削除を申請
一括申請 CSV ファイルのアップロードによる複数ユーザアカウントの作成、変更、削除の一括申請
バリデー
ション

申請したアカウントデータの項目が、管理者が事前設定した入力規則に従っているかを確認

  • 数値の範囲
  • 現在および過去のアカウントとの重複
  • 文字数
  • 文字種 等

エンドユーザ向け機能

ユーザ
認証
  • ログインユーザを認証サーバに問い合わせ
  • 認証サーバは、LDAP, Kerberos をサポート
パスワード
変更
ユーザが自分自身のパスワードを変更する機能

オプション機能

LDAP
連携
  • LDAP アカウントの登録・変更・削除・有効化・無効化及びそれらの一括処理
  • ユーザパスワード伝播
NIS
連携機能
  • NIS アカウントの登録・変更・削除・有効化・無効化及びそれらの一括処理
  • ユーザパスワード伝播
Active
Directory
連携
  • Active Directory アカウントの登録・変更・削除・有効化・無効化及びそれらの一括処理
  • ユーザパスワード伝播
Kerberos
連携
  • UNIX/Linux における Kerberos アカウントの登録・変更・削除・有効化・無効化及びそれらの一括処理
  • ユーザパスワード伝播
Database
連携
  • Database へのアカウントの登録・変更・削除・有効化・無効化及びそれらの一括処理
  • ユーザパスワード伝播
ファイル
サーバ
連携
アカウントの登録・変更・削除等に連動してファイルサーバでアカウントのホームディレクトリを設定